ラララ進化論

馬のブログです

旅行レポ【都井岬】

 

今日は京都大学の合格発表日である。

なので今回は都井岬について書こうと思う。

 

 

都井岬は宮崎県の南端にある小さな岬である。

ここには「御崎馬」という馬が住んでいる。

f:id:living_horse:20170310203127j:plain

(wikipedia より)

 

私は我が同胞に会うため、この地を訪れたいと考えた。

ということで実際に行ってみた(2016年8月のことである)。

独りで。

 

 

串間駅からバスに揺られること40分。

乗客は私以外に中年の男性が一人だけであった。

バスの揺れに酔いながらも、かの地に降り立った私を出迎えてくれたのは一匹の子馬だった。

f:id:living_horse:20170310204911j:plain

 

 

かわいい。

ちなみに周りにも数匹馬がいた。

f:id:living_horse:20170310205037j:plain

 

 

テンションが上がった私は都井岬案内センターへ向かい、有料の電動自転車を借りた。

受付のお姉さん曰く、灯台から見る景色は圧巻だそうだ。

しかし長く厳しい坂の上にあるため、電動自転車で行くのは大変だと言う。

 

私はお姉さんの忠言を真摯に受け止め、電動自転車で坂を登ることにした。

 

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

f:id:living_horse:20170310205848j:plain

f:id:living_horse:20170310205916j:plain

 

 

死に物狂いで登った先に小さな灯台が見えた。

あそこだ!

f:id:living_horse:20170310210104j:plain

 

うーむ、なかなかの面構え。

RPGであれば必ずセーブポイントがあるだろう。

 

 

人気の少ない灯台を登り、海を見渡す。

 

f:id:living_horse:20170310210559j:plain

 

すごい。

写真で見るとつまらないように思われるかもしれないが、実際には強い風とともに波が南へ南へ一様に駆けてゆくのだ。

 

遠くの水平線へ海がゆっくりと吸い込まれていく。

圧巻。

 

 

灯台を降りた後も、私は自然の力に陶酔したままで大事なことを忘れていた。

 

 

ウマ、アンマリ、ミテナイ。

ウマ、アンマリ、ミテナイ。

ナンデ?

 

 

そう、バスに降りた後会ったきり、馬をあまり見ていなかったのだ。

疑問に思った私ははちゃめちゃなスピードを出して来た坂を下り、もう一度お姉さんに聞いた。

 

「この時期は馬の群れがかなり遠くにいるんですよね。大きな群れでなければこの辺りでも見ることができますが……」

「そうですか。自転車で行けますか?」

「一応行けますが、おすすめはできないです」

「わかりました」

 

私は自転車で馬の群れがいる丘へと向かった。

 

 

道中にはお姉さんの言う通り、ちらほらと馬がいた。

f:id:living_horse:20170310212153j:plain

f:id:living_horse:20170310212303j:plain

 

 

かわいい、けど違う。

私が見たいのはもっとぶああああああああって感じの大きな群れなのだ。

 

ペダルを漕いだ。めっちゃ漕いだ。

都井岬入り口に戻る勢いだった。

 

 

 

 

そして、いた。

 

f:id:living_horse:20170310212622j:plain

f:id:living_horse:20170310212736j:plain

 

 

 

めっちゃいる。

カメラで一面しか切り取れなかったのが残念でならない。

 

f:id:living_horse:20170310212947j:plain

 

 

帰りのバスの中で、私は行きのバスが一緒だった男性と仲良くなった。

 

「いやあ、馬が見れてよかった。でももっと大きい群れってのがいると思ってたんですよね。ちょっと期待外れだったな」

「大きい群れ、いましたよ」

「えっ!?」

 

驚く男性にこの写真を見せた私の顔は、少し自慢げだったと思う。

f:id:living_horse:20170310213635j:plain

 

 

 

皆さんも気になったら是非行ってみてほしい。